美しい歯

治療について

歯の診察中

根管を治療する

歯医者さんで受ける事が出来る根管治療。
根管治療に限らず、あまり馴染みのないような治療を受けなきゃいけないってなってしまうと、すごい大きな不安が生まれてしまいます。
そうした不安を少しでも和らげるためにはどうすればいいのか?
答えはとっても単純で簡単です!
その答えっていうのは、治療をうける前にいろんな治療法について知っておく事なんです。
どんな治療法があって、その治療がどんな風に治療をして、どんな効果があるのかがわかっちゃえば、不安も消えちゃうって事なんですよね。

歯医者さんで行っている根管治療は、その名の通り、根管と呼ばれる部分を治す方法です。
根管っていうのは、顎の骨に埋まっている歯の根っこの部分の内側の空洞の事です。
本来この根管には、歯の神経と呼ばれる歯髄で満たされているんですね。
虫歯になってしまうと、最初に表面のエナメル質が侵され、次に象牙質、そして歯の神経という順に侵されていきます。
そして、歯の神経まで侵されてしまうと、夜もねれないほどのすごい痛みに見舞われるわけです。
歯髄は、根管を通って、歯の根っこの先まで満たされているので、歯の神経が虫歯菌に侵されてしまうと、侵された神経を歯の根っこの先まで丁寧に取り除く必要があるのです。
そうした、歯の根っこの先まで丁寧に綺麗にするのが根管治療なんです。
この根管治療は、非常に難しい治療で、治療をする歯医者さんのウデが大きく影響しちゃうんです。

根管治療が歯医者さんのウデが大きく影響する理由はとっても単純です。
いわゆる歯の根っこというのは、人によって数が違いますし、前歯と奥歯でも根っこの数が違っています。
また、根っこの形は、人によって全く違います。ですから、根管と呼ばれる神経が通る道の数や形も、人によって全く違っちゃうんですね。
根管の入り口が一つでも、根っこの先に進むに連れて二股に別れてしまっているような場合もあるんです。更に、奥歯等の根管治療をするような場合、歯科医が視認出来る範囲も限られているので歯医者のウデがとても重要になるんです。